協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
計測法入門
計り方,計る意味
内山 靖,小林 武,間瀬教史 編集
ISBN 978-4-7639-1030-1
B5判 388頁 2001年10月1日発行
定価 5,940円(税込)
カートに入れる
近年,EBMが強調され,またリハビリテーション病院・施設には次々に高度で複雑な計測機器が導入されているにもかかわらず,臨床目的に応じた機器の正しい使い方,得られたデータの解釈の仕方についてのまとまった,読みやすいガイドブックはなかった.
本書は,計測を評価や治療の効果を説明するための便利な道具として位置づけ,臨床テーマに計測法をいかに活用するかについて,豊富な事例を示しながら解説したわが国唯一のガイドブックである.臨床で頻繁に使用される代表的な計測機器の使い方を豊富な図版をまじえて詳しく解説し,さらに具体的な計測デザインを事例に,計測上のポイント,データの解析と臨床的な解釈までをていねいに解説した.
【収録した計測機器】筋電図/筋力計測機器/重心動揺計/3次元動作解析装置/床反力計/関節動揺計/肺機能測定装置/呼気ガス分析装置/パルスオキシメータ/血圧計/心電図/体脂肪計/脳波/体性感覚誘発電位

tit_kanren.gif
臨床評価指標入門 適用と解釈のポイント
臨床判断学入門


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.