協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
臨床評価指標入門
適用と解釈のポイント
内山 靖,小林 武,潮見泰藏 編集
ISBN 978-4-7639-1035-6
B5判 344頁 2003年10月31日発行
定価 5,940円(税込)
カートに入れる
現在,臨床で常用されているさまざまな評価指標(検査・測定)のうちでも,とりわけ使用頻度の高いものを選び出したガイドブック.臨床評価指標の正しい意味を理解し,それらの特性に活用するための基本的な知識をまとめる.
本書は前書『計測法入門:計り方,計る意味』の姉妹編にあたる.『計測法入門』では,計測・評価にあたって測定器具を使用するのみを選択し,これに解説を加えたが,実際の臨床ではさらに多くの評価指標が使用されている.
本書では特に『計測法入門』で対象外とした定性的評価指標を中心にとりあげ,その開発経緯にあった本来の臨床目的から現在の応用範囲まで,また信頼性・妥当性がどのような形で検討されているかについての報告,そしてマニュアルには記載されていない使用上のポイント,結果の解釈のポイント,さらにその評価指標についてどのような臨床研究が行われているについての,必要最低限の知識を網羅した.

tit_kanren.gif
計測法入門 計り方,計る意味
臨床判断学入門


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.