協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
立ち読み
片麻痺を治療する[機和隆
座位,起立,立位のリハビリテーション
宮本省三 著
ISBN 978-4-7639-1084-4
B5変形判 326頁 2色刷 2018年9月15日刊行予定
予価 5,400円(税込)
予約受け付け
近刊のため発売時に価格が変更される場合があります
すべての生活行為の基盤となる「体幹の治療」はリハビリの中心
「体幹」を捉え返し,「正しい座位」のための治療方法を詳述する


病院でも施設でも在宅でも,リハビリテーションセラピストの前には「体幹の崩れた」患者さんが必ずいます.自分でどの程度,どのように座位がとれるか,座位の機能次第でその人の生活の質が大きく変わることは誰でも知っています.しかし治療をどう組み立てればその機能の再学習(再獲得)を実現できるのか,それはセラピストにとって常に大きな課題です.

体幹はこれまで下肢や上肢に付随するような形で語られてきましたが,体幹の機能回復は上肢下肢頭部まで見据えた上でなければ実現しないものであり,体幹こそ身体機能の回復の基盤であり,すべての行為の回復を支える要(かなめ)なのです.

本書は,これまでセラピストが抱いてきた体幹のイメージを,運動学や脳科学などの知見に照らして一つ一つ丁寧に検証し,「なぜ崩れるのか」を問うていきます.そして,体幹は上肢に比しても遜色のない繊細な知覚器官であり運動器官であることを解き明かし,その巧緻な機能を再び取り戻すために必要な丁寧な治療(訓練)の手続きと実施上の技術を詳しく述べていきます.
体幹の「崩れ」を最重度から軽度に分け,また「対称機能」「垂直機能」「支持機能」「到達機能」を治療するというようにわかりやすい項目立てになっており,読者の思考も緻密になっていきます.
体幹の治療は,どの臨床現場であっても,PT,OT,STを問わず決しておろそかにできない課題であり,本書はその大きな指針となり得ます.

これからのリハビリテーションを変え,患者さんの生活行為を確実に向上させる大きな可能性を秘めている,画期的な一冊です.


★シリーズ「片麻痺を治療する」(続巻予定)
『片麻痺を治療する[] 上肢』『片麻痺を治療する[] 下肢』

tit_kanren.gif
片麻痺 -バビンスキーからペルフェッティへ-
人間の運動学 ヒューマン・キネシオロジー
認知運動療法 運動機能再教育の新しいパラダイム
身体と精神 ロマンティック・サイエンスとしての認知神経リハビリテーション
子どもの発達と認知運動療法
認知神経リハビリテーション入門
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第1巻 中枢神経疾患
脳のリハビリテーション:認知運動療法の提言 第2巻 整形外科的疾患
認知運動療法と道具 〜差異を生みだす差異をつくる
認知とは何か
リハビリテーション・エッセイ「あなたと一緒に遠くまで旅する本」  恋する塵 〜リハビリテーション未来圏への旅


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.