協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
立ち読み
精神疾患が合併していても身体リハビリテーションはできる!
平川淳一,林 光俊,上薗紗映 編著
ISBN 978-4-7639-1086-8
B5判 224頁 2019年7月5日発行
定価 4,180円(税込)
カートに入れる
精神科医療に身体リハビリテーションを組み込む

本書に書かれている身体リハビリテーションに対する具体的な実践は,23年前に医療法人社団光生会平川病院で始められた先進的な試みの集大成であると同時に,これからますます超高齢化を迎える社会に対応していく医療体制づくりのモデルともなるものです.

近年,身体リハビリテーションが精神疾患を抱える患者さんの予後の回復に重要な関わりと高い相関を持っていることが注目され始めていますが,それを現実の精神科医療の中で実践していくためには身体リハビリテーションと精神科医療とを繋ぐ広い理解が必要となってきます.
本書はそうした知識の中でも,毎日の臨床に即役立つ,とりわけ重要な必須知識をピックアップしたガイドブックです.

身体リハビリテーションを実施する際の留意点はもちろんのこと,精神科リハビリテーション,医学的治療や管理,栄養管理,看護,ソーシャルワークなど,医療連携に欠かせない関連各科の知識をわかりやすく解説しています.また認知症合併に対する対処法についても詳しく解説しました.

身体リハビリテーションに直接に関わるセラピストだけでなく,心身両面に対する全人的な医療の実践を願う医療関係者すべてに役立つ情報を提供しています.

tit_kanren.gif
精神科・身体合併症のリハビリテーション 総合的な治療計画から実践まで


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.