協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
作業療法実践のための6つの理論
理論の形成と発展
B. Rosalie Johanna Miller,Kay W. Sieg,Ferol Menks Ludwig,Susan Denegan Shorridge,Julia Van Deusen 共著
岩崎テル子 監訳
篠田峯子,土田玲子,山田 孝 共訳
ISBN 978-4-7639-2057-7
A5判 288頁 1995年2月6日発行
定価 3,456円(税込)
カートに入れる
本書は,5人の著者による「Six Perspectives on Theory for the Practice of Occupational Therapy」の翻訳である.原著者らのユニークな編集と4人の日本の作業療法界の実力者達のこなれた訳文によって,とくに理解に苦しむ難しい理論がわかりやすく解説され,読者は迷わずして「作業療法」の世界に魅了される.専門外の読者にとっても,「作業療法」の全体像をつかむ格好の入門の書として役立つ.
フィドラー,ロレンス,ライリー,モゼイ,エアーズ,キールホフナーという6人の理論家の生き方や考え方がその個人の理論づくりに,どのように結びついていったかを丁寧に,本人の言葉も加えて示されており,「研究者」の実像が鮮明に迫力をもって浮かび上がり,読む者を納得させてくれる.


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.