協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
シリーズ/作業の科学 
作業の科学 Vol.5
作業療法関連科学研究会 編集
ISBN 978-4-7639-2093-5
A4判 132頁 2004年9月15日発行
定価 4,104円(税込)
カートに入れる
道具を用いてものを作ること(作業)は人の活動の原点であり,作業療法の治療手段である.その「作業」とは何かを関連諸科学を参照しながら考察し,そこに見出した「科学性」を根拠とし,精神科医療における作業療法の治療構造(客観的な評価とそれに基づく治療,効果の検証)を探る「作業療法関連科学研究会」によるシリーズ第5巻.
今回は,「第1部 作業療法関連科学」では,Vol.4に続き安斎正人「現代型ホモ・サピエンスの出現と第二次出アフリカ」,そして大沼克彦「人類の進化と石器製作技術の発展―石器復元製作の視点から―を所収.また,研究会代表の論文「作業療法の科学[5]」は[1]から[4]を総括したものである.「第2部 作業方法」では,「刺繍(クロスステッチ)」,「第3部 研究と応用」では,「遅延見本合わせ課題における年代別の比較」「精神分裂病者の遅延見本合わせ課題での反応」を掲載.

tit_kanren.gif
手と道具の人類史 チンパンジーからサイボーグまで

tit_seri.gif
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.1
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.2
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.3
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.4
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.6
シリーズ/作業の科学  作業の科学 Vol.7


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.