協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
作業療法学全書 改訂第3版 第3巻
作業療法評価学
日本作業療法士協会 監修
生田宗博 編集
ISBN 978-4-7639-2120-8
B5判 378頁 2009年3月5日発行
定価 4,104円(税込)
カートに入れる
本シリーズは,日本作業療法士協会が監修する作業療法士養成のための教科書であり,わが国初のオリジナルテキストとして刊行以来,全国の作業療法士養成校で使用されてきた.学生に,基本的かつ時代の求める知識と技術を伝えるための改訂第3版.
評価は,「身体又は精神に障害のある者に対し,主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため,手芸,工作その他の作業を行なわせること」である作業療法の重要な第一歩である.観察・検査・測定・試験を的確に実施し必要情報を取得することで始まるが,得た情報をどのように読みどう役立てるかを考え,判断することが評価の本質といえる.作業療法の効果として期待される二重点のうち,応用的動作は,様々な状況・場での生活・活動の困難の現状と要因,そして困難を乗り越えるための方途を導出するための手段の評価方法として述べ,社会的適応はコミュニケーション,対人反応,物理的環境と人間・社会的環境の捉え方と反応としての行動の評価方法として述べた.

tit_seri.gif
作業療法学全書 改訂第3版 第1巻 作業療法概論
作業療法学全書 改訂第3版 第2巻 基礎作業学
作業療法学全書 改訂第3版 第4巻 作業治療学1 身体障害
作業療法学全書 改訂第3版 第5巻 作業治療学2 精神障害
作業療法学全書 改訂第3版 第6巻 作業治療学3 発達障害
作業療法学全書 改訂第3版 第7巻 作業治療学4 老年期
作業療法学全書 改訂第3版 第8巻 作業治療学5 高次脳機能障害
作業療法学全書 改訂第3版 第9巻 作業療法技術学1 義肢装具学
作業療法学全書 改訂第3版 第10巻 作業療法技術学2 福祉用具の使い方,住環境整備
作業療法学全書 改訂第3版 第11巻 作業療法技術学3 日常生活活動
作業療法学全書 改訂第3版 第12巻 作業療法技術学4 職業関連活動
作業療法学全書 改訂第3版 第13巻 地域作業療法学


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.