協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
片麻痺の人のためのリハビリガイド
感じることで動きが生まれる
中里瑠美子 著
ISBN 978-4-7639-2141-3
B5判 112頁 2017年2月15日発行
定価 2,376円(税込)
カートに入れる
「麻痺を治してほしい」という希望に応えるためのリハビリテーションの方向性

片麻痺になると,例えば,なぜ手が曲がってしまったり,踵がつかなくて足が内側に向いてしまったりするのでしょうか.そして片手と片足が使いにくいだけでなく,なぜもっとずっと不自由なのでしょうか.
片麻痺という自分の状態は一体どういうことなのかを知ると,片麻痺のリハビリテーションはどのような方針でどのようなことに意識を向けていけばよいのかがわかります.傷ついた脳は,正しい学習方針を示されなければ,脳にとっては効率のよい単純で簡単な動きを選択します.しかしそれが,本人にとってはとても不自由な片麻痺という状態として現れるのです.
正しい学習方針の基本は,「からだの声を聴くこと」.自分の身体の重さや姿勢(身体部分の位置関係)などを感じられ,その自分の身体で外の世界の物の形や重さや方向や肌触りなどが感じ取れるか,そこからイメージを広げられるか(自分自身の記憶と結びついて生き生きとした経験となるか)どうかです.本書ではその方針に基づいて,患者さんご自身で取り組むことのできる訓練についても提案しています.
片麻痺になってこれからどのようなリハビリをすればよいのか不安に思っておられる方,頑張って動く練習を繰り返しても自分で良いと思える変化のみられない方,より良い回復を目指す方のため,そしてそのような患者さんの「治療」を模索するセラピストのためのテキストです.

tit_kanren.gif
片麻痺の作業療法 QOLの新しい次元へ
わたしのからだをさがして 〜リハビリテーションでみつけたこと


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.