協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
失語症者の実用コミュニケーション 臨床ガイド
竹内愛子 編集
ISBN 978-4-7639-3041-5
B5判 260頁 2005年12月1日発行
定価 4,860円(税込)
カートに入れる
実生活で本当に役立つコミュニケーション能力の改善のためのガイドブック.
失語症のリハビリテーションにおいて,患者の実用コミュニケーション能力を改善するにはどのような訓練を行えばよいのだろうか.訓練室では正答できる語彙が実際にコミュニケーション場面では使えない,といった問題を克服するために,言語聴覚士にとって必要な知識をまとめた.
各章は一般的な訓練方法や文献の紹介を行う「概説」と,第一線の臨床家による実践例を紹介する「症例」で構成され,臨床を組み立てる際に必要な理論と実践的知識を容易に得ることができる.

tit_kanren.gif
イラスト フル活用 失語症の日常会話訓練
失語症臨床ガイド 症状別−理論と42症例による訓練・治療の実際
失語症訓練のためのドリル集 第1巻 語想起(名詞)の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第2巻 意味・音韻面から語想起(名詞)の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第3巻 動作・状態を表す語(動詞・形容詞・形容動詞)の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第4巻 漢字・仮名の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第5巻 文構成の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第6巻 長い文の理解の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第7巻 文作成と難しい語句の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第8巻 難しい内容表現の改善をめざす
失語症訓練のためのドリル集 第9巻 日常コミュニケーションの改善をめざす


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.