協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
無限振子
精神科医となった自閉症者の声無き叫び
Lobin H. 著
ISBN 978-4-7639-4008-7
A5判 160頁 2011年2月4日発行
定価 1,980円(税込)
カートに入れる
「受動型」自閉症者の大きな困難を伝え,理解と支援を願う体験記.

精神科医であり,「受動型」の自閉症である著者が,30代にして診断を受け,“私”として0歳から生き直し始めるまでの自らの体験を,分析的視点を交えて綴った貴重な記録です.
さらに,最大のサポーターである精神科医と,最大の理解者であり「本当の」“私”に初めて気づいた担当のセラピストが,著者について,また自閉症についての解説を加えています.

自らの体験を明らかにすることで,子どもの発達に関わるすべての人,そして当事者に向けて,早期発見と診断,適切な支援への願いを切実に訴えるとともに,人から理解されることの言葉にならない大切さを伝えています.

tit_kanren.gif
どうして普通にできないの! 「かくれ」発達障害女子の見えない不安と孤独
ひまはアスパーガール 発達障害母娘の15年


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.