協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る

立ち読み
紙とペンでできる認知症診療術
笑顔の生活を支えよう
山口晴保 著
ISBN 978-4-7639-6025-2
B5判 330頁 2016年5月31日発行
定価 5,616円(税込)
カートに入れる
認知症を抱えて困っている患者の数が500万人にのぼる現在,あらゆる分野の医師が認知症の診療術を理解・習得することが求められています.

本書は「認知症という困難を抱えながらも,患者本人とその家族が,笑顔で穏やかに暮らし続けていけること」を認知症医療のアウトカムと捉え,認知症がどのような原因で生じているのかを診断し,適切な薬物療法やリハ・ケア・家族指導を提供する実践医療を解説しています.
病院や診療所という現場で認知症の診断・治療・ケアを楽しく行うことで,本人や家族が困っている問題を解決し,笑顔で感謝され,医療者としてやりがいを感じることのできる方略が満載の一冊です.

第1部「認知症の初診」では,認知症に気づき,認知症かどうかを判定し,症状に基づく臨床病型に沿って治療を工夫していく過程を詳説しています.
第2部「治療とフォローアップ」では,認知症という長い経過の疾患を抱える患者本人,そして家族・介護者をどのように支えたら笑顔で穏やかな生活を継続することができるのかという,診断後の治療を解説しています.
第3部「BPSDと生活障害への対応」では,代表的な行動・心理症状(BPSD)や生活障害について,対応のヒントを紹介しています.
第4部「ステージアプローチ」では,知識を体系的に関連づけるため,ステージ(認知症の進行過程)という概念を意識しながら,認知症の医療・ケアを整理しています.
第5部「地域連携」では,昨今提唱されている「地域包括ケア」や「医療・介護連携」に照らし,地域のリソースやインフォーマルサービスを有効活用していく際のポイントを解説しています.

tit_kanren.gif
認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント 第3版 快一徹! 脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう
認知症の本人・家族の困りごとを解決する医療・介護連携の秘訣 初期集中支援チームの実践20事例に学ぶ
認知症予防 第2版 ―読めば納得! 脳を守るライフスタイルの秘訣―
痴呆症のケア入門


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.