協同医書出版社 リハビリテーションの多彩な展開と可能性を探る カート確認
注文ヘルプ 特定商取引に関する表示項目 プライバシーポリシー 取扱書店一覧
HOME 新刊情報 書籍一覧 注文方法 会社案内 お問い合わせ
HOME > 書籍詳細
書籍詳細


目次を見る
パンフレットを見る
認知症の本人・家族の困りごとを解決する医療・介護連携の秘訣
初期集中支援チームの実践20事例に学ぶ
山口晴保,山口智晴 編集
前橋市認知症初期集中支援チーム 著
ISBN 978-4-7639-6028-3
B5判 236頁 2017年4月5日発行
定価 2,808円(税込)
カートに入れる
2018年4月からすべての市町村で動き出す「認知症初期集中支援チーム」について,「住み慣れた地域の中で本人と家族が笑顔で暮らし続けること」を願って活動してきた前橋市での経験をもとに,地域の中で暮らす認知症で困っている人たちをなるべく早期に発見して,その困りごとを解決し,穏やかでその人らしい在宅生活を支えるための基本的な考え方,認知症初期集中支援チームを実際に運営するときのコツ,認知症の行動・心理症状(BPSD)や介入拒否などによる困難事例への対処方法をまとめています.

「認知症の人をどうやって受診や介護につなげるか」という視点にとどまらず,「本人と家族は何に困っているか,どうしたらその困難を解決できるか,そして,どうしたら地域で穏やかにその人らしく暮らし続けることができるか」というスタンスで利用者に向き合うための方策が書かれています.
認知症初期集中支援チームだけでなく,認知症地域支援推進員の活動をはじめ,地域包括支援センターが対応する種々の事例の中で突き当たる困難にどう立ち向かうかという点でも役立つ本となっています.

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)のもと,認知症の専門職として活躍する,保健師,看護師,作業療法士,理学療法士,精神保健福祉士,社会福祉士,介護福祉士,医師,ならびに,自治体職員,地域包括支援センター職員,認知症地域支援推進員,ケアマネジャーの必携書です.

tit_kanren.gif
認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント 第3版 快一徹! 脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう
紙とペンでできる認知症診療術 笑顔の生活を支えよう
認知症予防 第2版 ―読めば納得! 脳を守るライフスタイルの秘訣―
痴呆症のケア入門


  このページのトップへ
©Copyright KYODO ISHO SHUPPAN CO., LTD. All Rights Reserved
このホームページに掲載した文章・イラスト・写真の無断転載を禁じます.